牧師紹介

牧師

国分寺キリスト教会  牧師 原 一

1972年群馬県館林市生まれ。1992年にイエス・キリストを救い主として信じ、洗礼(バブテスマ)を受ける。(福音伝道教団館林キリスト教会出身)

社会人を経て、聖書学校を卒業し、群馬県の教会で3年間伝道師として、愛媛県の教会で5年間副牧師として奉仕し、2013年4月より、国分寺キリスト教会の牧師となる。
家族は、妻と2男と1女。

生まれも育ちも関東の私にとって、関東は多くが平野であるために平坦な道が続きます。車を運転していても、それほど上り、下りを感じません。

2008年4月に四国に来て、2013年4月から高松市国分寺町に住んでいますが、住んでいて感じることは、小さいですが、山がたくさんあること、山の近くは小さな上り下り坂や道が多いこと、香川の人たちは本当にうどんが好きであることなどです。特にこの地域は海も山も川も近く、環境に恵まれていてとても住みやすく感じます。

よく人生には3つの「坂」(さか)があると言われます。一つ目は「上り坂」、二つ目は「下り坂」、そして三つ目は「まさか」です。「まさか」というのは、私たちの人生に思いがけないこと、予想さえしなかったことが起こる状況です。皆さんの人生で、そのような経験はあるでしょうか。そのような時、それらにどう対処するでしょうか。

聖書には次のような言葉があります。
「しかし、私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死なれたことによって、神は私たちに対するご自分の愛を明らかにしておられます。」ローマ5章8節(新改訳2017)

神様は、世界の創造主であられると共に、私たち一人一人の人生や歩みにも、深く関心を持っておられるお方です。何よりも、神様はイエス・キリストを通して、ご自身の愛を罪人である私たち人間に、明らかにしてくださいました。

私たちの愛は、変わりやすいものです。しかし神様の愛は変わることなく永遠なのです。現代は、愛が冷え切った時代であるとも言われます。聖書を通して、神様の愛の素晴らしさをぜひ知っていただきたいと願っています。皆さんのお越しを心よりお待ちしております。